前回2月に開催した「CAMPフリフリすごろわワークショップ」の第2回目を開催しました! ▼CAMPさんの詳細レポートはこちらから http://www.camp-k.com/wsreport/970/ 前回第1回目を実施した反省を基に、そして会場を晴海のCAMPスタジオから東大の福武ホールに変えて実施してみました! お話づくりのストーリーシートや、キャラクターなりきり用のグッズの準備、ファシリテー...続きを読む

2017年3月11日、2016年度の最後の講座「遊びとアートとワークショップ研究会vol2. こどもワークショップは"拠り所"をつくれるか!? 緊急カイギ」を開催しました。ゲストにアーティストの中島佑太さんをお呼びして、中島佑太さんのワークショップの事例から、その場所が集う場になり続けるメカニズムについて考えていきました。 今回の内容は、中島佑太さんの手がけるワークショップで起こっている2つの事例...続きを読む

CAMPのみなさんと開発したワークショップ「フリフリすごろわワークショップ」の第1回が2月19日に開催されました! http://www.camp-k.com/wsreport/955/ こどもたちが自ら何かの「キャラクター」になりきりながら、自分たちが登場する4コマのお話をつくっていきます。お話を作るには、すごろく上に用意された出来事がかかれたマスを進んで行く必要があります。サイコロを振ってあた...続きを読む

ワークショップの様子

2017年1月6日、本年初のイベントとなるオープン講座「遊びとアートとワークショップ〜遊びと創造のワークショップデザイン」がNPO法人Collable主催で行われました。ゲストにNPO法人演劇百貨店代表の柏木陽さんをお呼びして、遊びとアートについてワークショップを通し体で体験しました! 全体としては、柏木さんのワークショップ、「遊びとアート」についてのお話と二部構成で行われました。まず、初めにCo...続きを読む

8月の夏休みの最終日に、いつも会場提供でお世話になっている、文京区本郷にある学童「ツリー・アンド・ツリー」のこどもたちと一緒に、学生チームCollage(コラージュ)が、夏の思い出にと造形あそびを届けにやってきました。 この日は「五感」を感じることを楽しんでもらいたいと学生がオリジナルで考えた企画です。 募集して遊びにきてもらう活動と、すでにこどもたちが集う施設などで企画を行うのでは、状況が異なる...続きを読む

小さい頃、不思議な世界に憧れたひとばかりだと思います。 不思議な世界はとても面白く、登場人物のキャラクターが十人十色。 十人十色な人たちが集まって、いろんな困難を乗り越えていく時間は、ハラハラ・ドキドキがいっぱいです!   Collableの今期のワークショップは、ストーリー設定があるものが多くあります。 それは、はじめて来てくれたこどもたちが、自然とその場に入りたくなる場でありたいから...続きを読む

新年明けましておめでとうございます。インターンの山本です。今年も活動やブログ更新などなど・・・頑張らせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします! さて、2015年最後の活動として12月26日に~多様性×演劇~ワークショップデザインプログラムの第2回目ミーティングを実施しました。 これから演劇のワークショップを作っていく立場である私たち。そもそも演劇とはどのようなものなのかを考えるた...続きを読む

====================================================== 8月8日(土)まれ美ラボ in Todai 開催! 目が見えなくてもアートはみえる?視覚障害者と一緒にアート鑑賞! ====================================================== ※申込受付は終了しました 近年、視覚障害のある方と一緒に、アート...続きを読む


<< 前のページヘ