最新情報

プログラムレポート

前回2月に開催した「CAMPフリフリすごろわワークショップ」の第2回目を開催しました! ▼CAMPさんの詳細レポートはこちらから http://www.camp-k.com/wsreport/970/ 前回第1回目を実施した反省を基に、そして会場を晴海のCAMPスタジオから東大の福武ホールに変えて実施してみました! お話づくりのストーリーシートや、キャラクターなりきり用のグッズの準備、ファシリテー...続きを読む

参加者募集

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ 2017年9月3日(日)13:00~16:00 CAMPフリフリすごろわワークショップ@東京大学 参加者募集のお知らせ! ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ すごろくで止まったマスの出来事をつないで、短いお話をつくろう!お話のさし絵には、キャラクターになりきった自分たちが登場するよ。 ※このワークショップは、障がいのある子もない子も一...続きを読む

参加者募集

\ピノキオプロジェクト2017 リニューアルに向けて企画運営チーム大募集!/ 2007年に始まったピノキオプロジェクトも、今年で11年目を迎えます。当時小学生だったこどもたちも大学生になり、柏の葉になくてはならないプロジェクトとなりました。11年目の今年は、次の10年目をつくる"新1年め"として、ピノキオプロジェクトそのものの価値を見直し、プロジェクトをリニューアルしたいと考えています。そこで、本...続きを読む

プログラムレポート

2017年3月11日、2016年度の最後の講座「遊びとアートとワークショップ研究会vol2. こどもワークショップは"拠り所"をつくれるか!? 緊急カイギ」を開催しました。ゲストにアーティストの中島佑太さんをお呼びして、中島佑太さんのワークショップの事例から、その場所が集う場になり続けるメカニズムについて考えていきました。 今回の内容は、中島佑太さんの手がけるワークショップで起こっている2つの事例...続きを読む

メディア情報

2017年4月21日の東京新聞朝刊に、プラス・ハンディキャップさんの連載枠「生きづらさって」のコーナーに、代表山田が障害者きょうだいにまつわる話を寄稿しました。 昨年結婚たときに考えた家族のあれこれについて、赤裸々に書きました。 ぜひご覧ください。 東京新聞2017年4月21日朝刊

プログラムレポート

CAMPのみなさんと開発したワークショップ「フリフリすごろわワークショップ」の第1回が2月19日に開催されました! http://www.camp-k.com/wsreport/955/ こどもたちが自ら何かの「キャラクター」になりきりながら、自分たちが登場する4コマのお話をつくっていきます。お話を作るには、すごろく上に用意された出来事がかかれたマスを進んで行く必要があります。サイコロを振ってあた...続きを読む

参加者募集

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ 2017年2月19日(日)13:00~16:00 CAMPフリフリすごろわワークショップ@CAMPスタジオ 参加者募集のお知らせ! ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△ すごろくで止まったマスの出来事をつないで、短いお話をつくろう!お話のさし絵には、キャラクターになりきった自分たちが登場するよ。 ※このワークショップは、障がいのある子も...続きを読む

プログラムレポート
ワークショップの様子

2017年1月6日、本年初のイベントとなるオープン講座「遊びとアートとワークショップ〜遊びと創造のワークショップデザイン」がNPO法人Collable主催で行われました。ゲストにNPO法人演劇百貨店代表の柏木陽さんをお呼びして、遊びとアートについてワークショップを通し体で体験しました! 全体としては、柏木さんのワークショップ、「遊びとアート」についてのお話と二部構成で行われました。まず、初めにCo...続きを読む


<< 前のページヘ