【参加者募集】本と対話の鑑賞カフェ#1 「母になること」をめぐる哲学対話

tetsugakucafe1

==================================================
3月27日(日)13:00〜16:00
本と対話の鑑賞カフェ:「母になること」をめぐる哲学対
ゲスト:吉岡マコさん(NPO法人マドレボニータ)
==================================================

『本と対話の鑑賞カフェ』とは、
「見えない世界」から各領域の「見え方」を哲学的に深めていく対話の場。

「哲学的」と書きましたが、哲学について議論したり、哲学史を学ぶ場ではありません。
あるテーマについて、ただただ対話をしながら
普段覗けない視点を、みなさんと深めていきます。

記念すべき初回は、「母になること」についての哲学対話
産前・産後のヘルスケアプログラムを開発し全国に展開す
NPO法人マドレボニータの吉岡マコさんをお招きします

妊婦と赤ちゃんへのケアは充実している日本。新生児死亡率は世界最少です。
しかし、母となったばかりの産後の女性へのケアは見過されているのが日本の現状。
そんな社会を変えていくべく生まれたマドレボニータ(スペイン語で美しい母の意)。

今回は吉岡マコさんの書籍『みんなに必要な新しい仕事』の朗読から始まり
みんなで「問い」を立てるところから、哲学対話をスタートさせていきます。

母になる経験をした人も、これから経験するかもしれない人も、
そういう予定はないという人も、想像すらできないという人も
もちろん、男性も!!!

「問われないことを問うていく」この場で、
新たな発見、気づき、ひらめき、共感、もやもや、などなど、
何かが自分のなかに芽生えるはず。

とにかくきっと、豊かな体験となるでしょう。
みなさまのご参加、お待ちしております。

<開催概要>
【日時】
3月27日(日)13時~16時
直接会場に13時までにお越しください。
※送迎が必要な方は、12:45に最寄り駅(後楽園駅)までお迎えに伺います。

【会場】
安藤坂コイン
〒112-0003 東京都文京区春日2丁目26−11 大元社ビル1階
http://www.andozaka-coin.com/

最寄り駅は東京メトロ後楽園駅から徒歩10分です。

【定員】
15名
※大人仕様のイベントですのでお子様連れはご遠慮いただきます。お子様のいるかたは信頼できるかたに預けて単身でご参加ください。

【参加費】
3000円(ドリンク・軽食つき)

【参加方法】
事前申込制
※応募多数の場合は抽選とします。

【受付締め切り】
・1次締切:3月22日(火)12:00 
・2次締切:3月26日(金) 23:59
※応募者多数の場合抽選となります。

【お申し込み方法】
下記の申し込みフォームより必要事項をご記入ください。
http://kokucheese.com/event/index/383706/

フォームからのお申し込みが上手くいかない方は、
以下の項目を記入の上、メールでお申し込み下さい。
申込先:info★collable.org (★を半角の@に変えてください)
1、お名前(ふりがな)
2、メールアドレス
3、携帯電話番号(当日連絡先として)
4、障害の有無と種別
5、所属
6、今回の開催情報をどちらでお知りになりましたか?
7、最寄り駅までの送迎が必要ですか?
8、ツアーに期待すること(楽しみにしていること)があればご記入ください。

【主催】
NPO法人Collable(http://collable.org/

【協力】
NPO法人マドレボニータ(http://www.madrebonita.com/

【本と対話の鑑賞カフェとは?】
多様な背景を持つ人が集まり、あるテーマについて、参加者と一緒に言葉で「鑑賞」を行う哲学対話の企画です。本を入り口に、ゲストが書籍の一部を朗読し、朗読箇所から参加者とともに鑑賞のスタートとなる「問い」を作ります。スタートとなる「問い」から、それぞれが感じたこと、考えたことを自由に語り合います。もちろん語らなくてもOKな、自由な「鑑賞」です。