モンゴル障害者福祉施設視察報告&研究会 〜モンゴルの教育と福祉の現状について〜

みなさん、モンゴルに足を運んだことはありますでしょうか。

先日、知的障害のある方々の支援をおこなっている、NPO法人ぱれっとの活動の一環として取り組まれている、
モンゴルの障害者施設との連携のための訪問に、Collableの山田が同行させていただきました。

はじめてのモンゴル、はじめてのモンゴルの教育・福祉事情に触れ
日本の現状を他国の状況とを対比しながら考えるよい機会になりました。

いろんな気付きが得られたこともあり、せっかくなので見てきたことを
みなさんとシェアさせていただくような時間を取らせていただくことにしました。

また、山田の視察報告のみならず、モンゴルの教育・福祉事情に詳しい方々にもゲストとして
ご登壇いただくかたちで、開催させていただくこととなりました。

モンゴルという、近いけれど意外とあまり知られてない国の事情について
ぜひみなさんと共有しながら、考察を深められるような機会にしたいと思っています。
モンゴル事情に詳しくなくとも、少しでもご関心がありましたら、お越しください!


<話題提供者プロフィール(敬称略)>

・中村絵里
東京生まれ、神奈川県出身。
(公財)日本ユニセフ協会、民間企業、外務省などで広報スタッフとして勤務した後、2013年に東京大学大学院学際情報学府修士課程に入学。修了後、同大学院教育学研究科博士課程に進学し、現在に至る。研究領域は、開発途上国の教育開発。モンゴルの地方の遊牧民家庭の子どもの教育、都市部貧困地区の親による子どもの教育への関与について、研究している。フィールドワークと人との交流が単なる趣味で終わらないようにするために研究に邁進中。

・山田小百合
1988年生まれ。大分県出身。特定非営利活動法人Collable代表理事。
重度知的障害を伴う自閉症の兄と弟の間で育った経験から、インクルーシブな場のデザインに関心を持つ。東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。修士課程で取り組んだインクルーシブデザインや、障害のある子もない子も共に参加するワークショップの実践研究を活かしNPO法人Collableを創立。ワークショップや調査・開発をしながら、大人から子どもまで、多様性を活かした学びと創造の場をデザインしている。

※その他、モンゴルより関係者がオンラインで話題提供予定です。ゲストプロフィールは随時更新します。


<開催概要>

【日時】
2019年8月17日(土) 14:00~16:30

【会場】
株式会社フロンティアコンサルティング
東京都中央区日本橋本町3-3-6 WAKAMATSU BUILDING 5F

(アクセス)
総武線快速 新日本橋駅 徒歩1分
東京メトロ銀座線三越前駅 徒歩3分

【参加費】
1000円(お茶代・資料代として)
※Peatixよりお申し込みをお願いいたします。

<参加にあたってのご注意>
・本イベントの様子は写真や映像で記録させていただきます。写真記録はCollableのWebサイトや報告書等でイベントレポートとして掲載する場合があります。目的外使用はいたしません。
・本ページよりチケットを事前にご購入いただく必要がございます。お申し込み後の返金は出来ませんのでご了承ください。
・お申込みいただいた皆様には、Collableより活動報告やご案内等メールにてさせていただきます。

【申し込み】
以下URL先(peatix)にてお申し込みください。
https://mongolia-collable.peatix.com

【主催】
NPO法人Collable
 http://collable.org/
 https://www.facebook.com/collable/

【会場協力】
株式会社フロンティアコンサルティング

【お問い合わせ】
NPO法人Collable
info★collable.org(★を@に変えてください)
Peatix上のメッセージ、もしくはCollableのFacebookページのメッセージでも受け付けております。